ここまでするか佐藤武人

2月​5日、北海道の高級やりいか漁の解禁日です。身が柔らかく新鮮なやりイカは到底加工用には値段が高く使用できません。

​ そこで漁師の船に乗り込み大漁の時市場価格が下がりそうな時仕入れをするのです。これは早朝水揚げされたイカを午前中にきれいにして冷凍にしておき、4月中旬山の行者ニンニクが取れだしたら「海鮮丼」に仕上げるのです。早朝、深山で行者ニンニクを採取、リュック一杯に行者ニンニクを背負い携帯電波の状況をみて漁師に出漁の有無の確認電話をし、一シャワーを浴び夕方海へ乗り込むのです。凛々しい姿に見えますが実はへとへとらしい。